sample shop
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント

    日本の夏を乗り切るブラックアロハ

  • いつの間にか、春が短く夏が長い気候になってしまった日本で、どうにか快適に過ごせないかと考え、辿り着いたのがアロハシャツ。
  • 起源については諸説あるそうで、日本の着物の美しさに惹かれた現地の人が「着物をシャツにしてくれ」と頼んだ、いわゆる、日本の和服から発生したという説が有力のアロハシャツ。また、アロハシャツ=派手な和柄の開襟シャツといったように実は日本との関りが深いアロハシャツ。
  • それらを元に、リップがアロハシャツを作るなら?をテーマに製作したのが今回のブラックアロハシャツ。
  • 素材は、一般的なアロハシャツで用いられるレーヨンシルク素材のようなテロっとした質感の素材を選びました。最近では丈夫なポリエステルなども出ていますが、よりホンモノに近づけるたけにレーヨン/シルクを採用しました。さらに、ふんわり感とソフトな肌触りが出るように特殊な加工を施しています。
  • ボタンは本来ココナッツ製のボタンを使用していますが、今回は強度があって割れにくいプラスチック製のボタンを採用しました。ボディの色に合わせて色は黒。
  • アロハシャツの持つイメージを活かしながら、独自のシルエット、ディティールでアプローチすることで、リップヴァンウィンクルでしか出せない雰囲気を纏ったオールブラック仕様のアロハシャツが完成しました。
  • 先ほどではどういった経緯、想いで製作してきたかをお伝えしましたので、ここからは、商品の素材やカタチについてを少し。
    肌離れが良く、サラッとした着心地のブラックアロハシャツ。生地を染色前、染色後それぞれで揉むことで「ふんわり感」と「ソフトな肌触り」にする加工”プラットエアーイン加工”を施しています。 もともと肌触りが心地いいレーヨン/シルクですが、そのまま使うとどうしても艶っぽさが残ってしまいます。それはそれで高級感があって良いのですが、今回はどちらかと言うと少しマットな雰囲気に仕上げたかったので、この加工を施しています。 艶っぽさまではいかないものの、ほんの少し光沢が残っていて、男っぽさとクリーンな感じが混じり合ってとても良い雰囲気になりました。
  • 襟元はオープンカラー(開襟)仕様。スリーブはリップではお馴染みのドルマンスリーブを採用。身幅も従来よりもゆとりを持たせ、全体的にリラックスした雰囲気に仕上げています。
  • 極力、肌に当たる面積を減らして空気の抜けをよくさせ、通気性を高めています。
    ご自宅での洗濯も可能となっておりますので、洗いざらしで着てラフな雰囲気を増していく。アイロンを当ててさっぱりした雰囲気を保つ。どちらでもお楽しみ頂けます。


  • R+175
  • BLACK ALOHA SHIRT

肌離れが良く、サラッとした着心地のブラックアロハシャツ。生地を染色前、染色後それぞれで揉むことで「ふんわり感」と「ソフトな肌触り」にする加工”プラットエアーイン加工”を施しています。 襟元はオープンカラー(開襟)仕様。スリーブはリップではお馴染みのドルマンスリーブを採用。身幅も従来よりもゆとりを持たせ、全体的にリラックスした雰囲気に仕上げています。