sample shop
{@ member.last_name @} {@ member.first_name @} 様こんにちは
{@ member.stage_name @}会員 {@ member.active_points @}ポイント
  • その界隈では馴染みの深いイタリアブランドやイギリスブランドが、
    ポロシャツの中でも比較的コンサバに使える衿型としてリリースしているのがスキッパーポロ。
  • ボタンレスで潔く空いた胸元。
    ポロシャツというカテゴリーの中で最も色気のある衿型ではないでしょうか。
    そんなスキッパーポロを別注したきっかけは、
    ゴルフで使えて、ビジカジのような艶のあるスタイルにも合わせられるポロシャツが欲しかったから。
  • 求めたのは、見た目はイイけど気を遣うニット編みの上品なソレではなく、汗をかいたらすぐ洗える素材。
    その答えがCOOLMAX KANOKOでした。
  • ポロシャツに必要不可欠な要素をきっちり抑えつつ、どこまで上品に見せることが出来るか?
  • ドレス寄りのスキッパーデザインにカジュアルな素材を落とし込む。
    シームレスでインタラクティブに活動する大人のための機能服を提案するTFW49名義だからこそ実現した組み合わせです。



  • たまにの休日は基本ラフ。髪も極力整えたくない。けど、いい大人なんだから、だらしないのはご法度。
  • そんな時は全身真っ黒コーデはどうでしょうか?
  • 全身を真っ黒もしくは同じ色で統一するだけで、なんだか一体感が出たと思いませんか?
  • 昨今のセットアップ需要が異常に高いのは、上下の色を合わせて着るだけで”きちんと感”が手に入るから。
  • スポーティなのに、クラシックに合うのはポロシャツの特権ですよね。
  • 一枚で着ても格好よく、ジャケットとの合わせも計算され尽くした衿型だからこそ。
  • リッチでセクシーはポロとクラシッなグルカトラウザー。
  • 思い切って、裾をインして履くもの大いにアリだと思います。
  • カジュアル、クラシックに次いでややモードっぽい着こなしも出来るのがポロの良いところ。
  • これもThe・ポロシャツではなく、レトロ顔で大人っぽいスキッパーデザインだから出来る組み合わせです。
  • 絶妙にゆるいパンツに個性の強いサンダル。そこにレトロ顔のポスキッパーポロ。
  • このバランスだからこそ出せる雰囲気です。