MJ_Blog

『観戦記録 / 2021年本拠地開幕』

こんにちは、三浦です。

休み明けです。しっかりリフレッシュできました。

さて、休み前に「野球ブログでもあげようかな」と言っていましたが、

…覚悟しておいてください。野球ファンの方はこのままスクロール、

興味ないという方は流し読みくらいで大丈夫です。

こっからは長いですしだいぶオタクな内容となることをご了承を…。

いつもの堅苦しい?ブログではなく箸休め程度にてご覧くださいませ。

まず第一声に、「ダサい」

しかしそれがドラゴンズらしさでもあります。

今年から本拠地ナゴヤドームは”バンテリンドーム ナゴヤ”に改名。

なんとも身体に優しそうな名称ですね…。

命名権の契約は5年間なので2026年には慣れ親しんだナゴヤドームに戻るとのこと。

5年間は我慢するとともにバンテリンというネームに慣れようかと思います。

てな訳でドームに入る前に今年も新たにユニフォームを新調。

クローゼットにユニフォームがどれだけ並んでいるのか覚えてませんが、

服屋だからなのか、毎年のように選手ユニフォームを買ってしまいます。

今回は今年から球界のエースナンバーである背番号18に変更された梅津選手のビジユニ。

2軍で好投を続けているので近々1軍に戻ってきそうですね。今年も期待してます。

席はライトスタンドの1番前。かなりいい席です。

17時前に到着したのでプレイボールの18時まではひたすらビール。

やっぱり現地で飲むビールは美味い。そしていつも以上に酔うのは何故なのか。

感染予防のためマスクを着用して応援歌や大声を出すことは禁止。

去年も同じ体験をしましたがやはりまだ慣れません。

これまで通り全力で応援できる日が戻ってくるといいですね。

そしてプレイボールと同時に巨人がウィーラー選手の2ランを含む3点を先制。

この日先発だったドラゴンズの勝野選手、相変わらず立ち上がりが不安定…。

しかしその裏の中日の攻撃では1〜4番まで連続ヒットで2点を返し、

5番平田選手のダブルプレーの間に1人が帰りすぐさま同点。

次の回の先頭打者 木下選手の2ベースで早々に巨人の先発 井納選手は降板。

今年ベイスターズからFAで加入した選手ながらも結果が悪く即2軍行き。

非情とも感じますがここは選手層の厚い巨人だからこそ。原監督怖い。

そして井納選手からピッチャー高木選手にスイッチ。

ここで迎えるはドラゴンズの8番根尾選手。

録音された根尾選手のチャンステーマBGMが流れる中で無死2塁の場面。

見事レフト前に鮮やかなタイムリーヒットを放ち中日が勝ち越しの4-3!!

根尾 選手の今年本拠地初のヒット、そして初タイムリー。

三浦が行くと負けるジンクスを背負いながらもそれを吹っ飛ばすドーム内の盛り上がり。

いや〜今年初観戦でいいものを見れました。

次の回も平田選手が一死1塁の場面でタイムリーツーベースを放ち5-3。

勝野選手は3回で降板しその後は中継ぎ陣が粘りに粘って7回まで巨人打線を無得点。

この日2イニングを投げ無失点に抑えた鈴木博志 選手は圧巻の一言。

今年から投げる際の肩を落とした新フォームで制球力が上がり、

オープン戦から好調を維持していましたのでこの日の投球も非常に良い内容。

ルーキー時代のあの輝きを取り戻しつつある頼もしい投球でした。

8回からはドラゴンズ勝利の方程式の1人である福選手がマウンドへ。

オープン戦からどこか危なげない投球で昨年の疲労が残っているのか…

という状況で今年が開幕しましたがこの日はなんとも粋な登場。

開幕一週間前のオープン戦最終日、去年から頭角を現していた木下雄介選手が

仕上げともいえるマウンドで右肩を脱臼し戦線離脱。

すでに開幕一軍の信頼を得ており三浦も今年の中継ぎ陣で1番期待していた選手でしたが、

あの日マウンドでうずくまり動くことができなかった木下選手は、

ドラゴンズファン以外も衝撃の光景だったのではないでしょうか…。

その木下選手の登場曲を福選手が使用しマウンドに登場。

近くにいたドラゴンズファンの知らないおじ様もそれに気付いて一緒に感無量。

後輩の思いを背負ったかのような福選手は圧巻の投球でこの回3人でピシャリ。

そして9回は三浦の1番好きな選手である祖父江選手がマウンドへ。

やっぱり格好良い。渋すぎる。

祖父江選手も危なげなく3人で締めて…

見事ドラゴンズが5-3で勝利しました!!

ドラゴンズファンの顧客様、三浦が行っても勝ちました!

これで「三浦くん、もう観戦しに行かないで?」と言わないでください!!

途中から完全に投手戦でヒヤヒヤする場面もありましたが、

やはりドラゴンズの中継ぎ陣は頼りになります。しっかりと0行進。

打線も12安打と上位打線がしっかりと結果を残し、

不調だったクリーンナップの3人も復調気配を漂わす内容でした。

そしてこの日のお立ち台は勝ち投手の鈴木選手と勝ち越し打の根尾選手。

根尾選手は初のヒーローインタビュー。

若手らしい初々しい受け答えかと思いきやベテランのような落ち着き感。

頭の良さが滲み出ている根尾選手らしい対応でございました。

そして昨日の対巨人3戦目はエラーを革切りに1-3の敗戦。

本拠地の松葉投手の安定感はさすがでしたが、打線は繋がらず…。

やはり強いです巨人。高橋投手のピッチングお見事でした。

これで本拠地バンテリンドームは30日の引き分けもあり1勝1敗1分け。

1カード目の対広島の結果と合わせて2勝2敗2分けの借金は0の結果。

良いのか、悪いのか。

昨年の首位巨人が相手だから上出来ともいえますし、

本拠地バンテリンだったから勝ち越したかった…ともいえます。

未だに先発投手の勝利が付いていないことが気がかりですが、

カードも1周し今日から京セラにて阪神との3連戦。

先発の福谷選手は前回の内容を修正し右のエースと呼べる投球を期待してます。

さてさて、とりあえず三浦の観戦成績は見事初戦1勝。

去年はコロナの真っ只中で観戦すら行きづらい状況でしたが、

今年は落ち着きを取り戻し是非、また顧客様と一緒に現地観戦したいものです。

三浦と一緒に観戦してくれるドラゴンズファンの皆様、日程を合わせましょう。

もちろん店頭でひたすら野球談義も。(たまに商品も勧めます)

スタッフ甲斐の冷たい視線を横に熱く語り合いましょう。(甲斐くん、ゴメンなさい)

…はい、結局文字数は改行も含めてこの時点で2,923文字。

ここまで読んでくれた皆様、誠にありがとうございます。

明日はちゃんと仕事のブログをアップ致しますね。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

———————————————————————————-

■投稿者 / 三浦 純(ミウラ ジュン)

■年齢 / 31歳

■出身 / 愛知県名古屋市

■一言 / つ か れ た 。

AVENUE 名古屋市中区栄3-11-20
052-252-7688
PC: http://www.avenue-jp.com
MAIL: info@avenue-jp.com

Instagram : https://www.instagram.com/avenue_selectshop/

———————————————————————————-