KAI_Blog, STAFF

【AVENUE STYLE】モノトーンで仕上げた綺麗目ミリタリー。

皆様、こんにちは。

甲斐です。

本日よりまずは店頭にてANTICIPO / アンティチポの発売を開始致します。

giab’sARCHIVIOに合うカットソー類を揃えておりますので

是非ご覧いただければと思います。

またWEBにも今週中にはUP予定ですので遠方の方は

今しばらくお待ちくださいませ。

さて本日は昨日のブログでご紹介させて頂きました

REMIRELIFのミリタリーシャツを使ったSTYLINGをご紹介させて頂きます。

ミリタリーシャツといえば、オリーブやカーキ色が思い浮かびますが

今回チョイスしたカラーはチャコールグレー。

またオリーブ系の色合いとは違った渋さを感じる色合いです。

ミリタリーシャツのインナーには普通ならTシャツや丸首のカットソーと合わせますが

時期的にも新鮮さを取り入れるためにも今回はモックネックカットソーを着用。

そして野暮ったく見えないように細身のボトムスと合わせました。

どこか上品な印象の作り出すモックネックと細身のパンツで合わせることで

ほどよく武骨さ。男臭さを削ぎ落として新鮮な空気感に仕上げているのがポイントです。

まるで本物のヴィンテージアイテムのような

柔らかな着心地やフェード感のある加工感が特徴的な1着。

黒から色落ちしたような自然な加工感はさすがREMIRELIEFです。

エポーレットやワッペンといった要素を省略し

フラップ付きのパッチポケットのみを残したシンプルな

面構えのミリタリーシャツに仕上げていますが

加工感やシルエットもそうですが最大の特徴は首元のフラワースタッズ。

コレを施すことにより他にないミリタリーシャツに仕上がっています。

見る人が見れば「REMI RELIEFだ!」と分かるポイントですね。

インナーにはここ最近多用しているofttのモックネックカットソーを着用。

ミリタリーシャツにクルーネックを合わせるとどこかアメカジ色が

強くなってしまいがちですが、モックネックの大人っぽさを生かした組み合わせ。

シャツのアメカジ感を残しながらも、白い清潔感のある

モックネックカットソーを合わせて品良く装いました。

またこちらのカットソーは綿100%で中肉厚なのでこの時期は非常に使えます。

農薬などを使用せず、主に雨水により種子から有機栽培された

オーガニックコットンを使用しているので肌馴染みも◎

襟のバランスやショルダーのフィッティング、目に見えないステッチの裾など

シームレスでミニマルなデザインなので幅広い系統の着こなしにもマッチします。

パンツにはgiab’sARCHIVIO MASACCIO(マサッチョ)

イタリアンコットンツイル(綿98% ポリウレタン2%)を採用したパンツを着用しました。

通年履ける生地感がウケており、入荷早々サイズ欠けがチラホラと。

今まではウール系にスラックスやスポーティーな素材のイメージが強かったマサッチョでしたが

今シーズンは新たなご提案として綿パン(コットンツイル)素材をセレクトしました。

チノパンのようなカジュアルな素材感ですが、シルエット綺麗さが

ドレス寄りな雰囲気に落とし込んでくれます。

この絶妙なバランスがミリタリーアイテムとの相性も高めています◎

ミリシャツ特有の男らしさとと適度な品格を備えたカットソーとパンツで

まとめた本日の綺麗目ミリタリーSTYLE。

モノトーンで仕上げたシックな見た目も良いですよね。

■REMI RELIEF
ワイドミリタリーシャツ(小花スタッズ)
COLOR / KHAKI.CHARCOL
SIZE / S.M.L
PRICE / ¥22,800(+tax)

■Oftt / Half Turtleneck Rib Longsleeve Top

 COLOR / WHITE.BLACK

   SIZE / S.M.L.XL

   PRICE / ¥18,000(+TAX)

■giab’s ARCHIVIO / MASACCIO A3702

 COLOR / NAVY.BLACK

   SIZE / 42.44.46.48.50

   PRICE / ¥26,000(+TAX)

最後までご覧頂きありがとうございました。

参考にして頂けますと嬉しいです。