MJ_Blog

wjkのボディバッグは『男心を擽る素材と資材パーツ』

こんにちは、三浦です。

突然ですが皆様の休日、どういったバッグを使用していますか?

普段バッグを持たないという手ぶら派の方もいらっしゃるかもしれません。

ちなみに私は普段自転車に残ることが多いので両手が空くバックパックか、

荷物が少ない時ですと”ボディバッグ”を使用しています。

その必要最低限の荷物を入れるのに最適なボディバッグは、

休日用、旅先の外出、近所まで買いモノにうってつけのバッグですね。

しかしボディバックは世の中に溢れかえっているバックの1つですが、

アウトドア感が強いモノやロゴがドンっと入ったモノが多く…

普段のスタイリングに取り入れやすいシンプルなモノって以外と見つからない。

しかし、今季見つけることができました。

それがコチラ。

■wjk / 10-storage shoulder -cordura-

https://www.avenue-jp.com/c/brand/wjk/8946ny11r

耐引裂性と耐摩擦性に優れ、そして今の梅雨時期に嬉しい撥水加工も施し、

素材の良さが光るコーデュラナイロンを使用したwjkのボディバッグ。

正面メインのファスナーポケットには携帯電話や折りたたみ傘、

500mlペットボトルにi-padなどを入れられるほど大容量。 

背面のファスナーポケットは取り出しやすく、長財布やA5ノートなども入る大きさ。

 メインポケットのフタ裏には小銭や鍵などを入れられるファスナーポケット。

 メインポケットの中にも18cmのファスナーポケットや、

小分けのポケットが大小4つ、ペンホルダー、キーリングが備えられている。

そしてベルトバックルにはbagjackでもおなじみなコブラバックルを使用。

「コーデュラナイロン」×「コブラバックル」の無骨な組み合わせがツボです。

大きなバッグで革製だと夏には少し重厚さが出てしまいますが、

このくらいの大きさだと着こなしにも取り入れやすいかと。

シンプルになりがちな夏スタイルは小物の取り入れ方次第でおもしろさが増しますね。

必要最低限の小物を入れるのに丁度いい大きさ、

着こなしを選ぶことなく日々活用頂けるデザインに仕上がっています。

wjkのバッグシリーズに新たなアプローチ、是非ご検討くださいませ。

最後までご覧いただきありがとうございました!!

AVENUE 名古屋市中区栄3-11-20
052-252-7688
PC: http://www.avenue-jp.com
MAIL: info@avenue-jp.com

Instagram : https://www.instagram.com/avenue_selectshop/