「いまこそ、ハンパ丈を着る」
少しだけ秋めいてきたけど、文字通りの残暑感は否めない。
中途半端な季節には半端な袖丈が良く合います。




気づいたらクローゼットにはTシャツばかり。

年中着れるTシャツは確かに必要だけど、
果たしてそれだけでイイのか?

もっと季節を楽しんだファッションをしてもいいんじゃないか?

Tシャツ着るのは肌寒く、ロンT着るにはまだ早い。

中途半端な季節には半端な袖丈がそろそろ良いのではないでしょうか。
という思いで製作させて頂きました。

”無くても困らない”

7分袖ですが、あればとつい、手を伸ばしたくなるのも7分袖。

そんな秋の立ち上がりに相応しい7分袖、作りました。


裾のカットがバイアス(斜め)になっているのが特徴の
トルネードTシャツの裾を『ストレート』に変更したスペシャルモデルです。






















袖丈が7分袖になるだけで一気に”こなれ感”が生まれるのも魅力。
1枚でのコーディネートでも十分対応できますし、軽めのジャケットを羽織っても収まりが良いです。




 






小物やブーツをブラックでまとめて男っぽい雰囲気のコーディネート。
カーキのインナーはネイビーレザーと濃紺デニムのワントーンの差し色に使うと良さが際立ちます。

色合いが重要なカーキは深みと奥行きのある渋カーキです。