「目指したのはコンテンポラリージュエリー」
着飾らないジュエリー。主張しないけど存在感がある。
そんなバングルを目指して別注製作しました。




別注の取り組みを何シーズンかさせて頂いている中で、今回初めてアクセサリーを製作。

腕周りの露出が増えるこの時期になると、毎年のように物欲が湧いては、結局自分の納得のいくモノに出会えず先送りになってしまう。
そんな経験、少なからずあるのではないでしょうか?

目を引くシルバーアクセは数多くあれど、「インパクト」や「流行」には流されたくない。

求めるのは「分かりやすさ」ではなく「分かりにくさ」
そんなシルバーバングルを製作しました。

表面には一切「ロゴ」も「柄」もありません。
国内屈指の職人によって、丹念に磨き上げられた鏡面仕上げは文字通り、鏡のような美しい仕上がりです。

裏面には「RIPVANWINKLE」のロゴと「シリアルナンバー」が刻印されています。
線の細い文字やR形状のラインは彫る時につぶれてしまいがちですが、
しっかりと角が立っているあたりも高い技術の裏付けです。

そして、大人に求められるのはジャラ付けよりも「重ね付け」
今回、2種類の大きさのシルバーバングルを製作しています。

太さの違うタイプを重ね付けや同じ太さを重ねるなど、重ね方でその人の雰囲気や魅せ方が変わってくる
プロダクト的アプローチも込めて複数本での重ね付けもおすすめです。




















ART : R+072
MODEL : SMALL
PRICE : 30,240YEN




ART : R+073
MODEL : MEDIUM
PRICE : 34,560YEN