「初展開にして初別注」
日本国内においても有数なテキスタイルファクトリーと
手を組んだナイロンのセットアップ。




お店の歴史とともに、ご利用頂いているお客様の年齢も積み重なっていく中で、
いま、多くのお客様が服に求めるもの。

"機能性"

快適な着心地は当然のことながら、悪天候の時も着用でき、そして様々なシーンで着ることができるモノ...。

その"機能性"に特化された服作りをしているブランドをキーワードに
向かった(見つけた)先が"TIMONE(ティモーネ)"
ナイロンを主体としたブランドとして、その存在は知っていましたが、
実際にモノを見て素材1つ1つの拘りを深く知ったのは今回が初めて。

当初は発表されているインラインのコレクションを買い付けする予定でしたが
自社でファクトリーを持っているという特性を生かして、
当店だけの別注セットアップを思い切って製作する事に。

当店で取り扱うgiab'sのパンツと合わせたジャケパンスタイルから、
シンプルに白Tシャツと合わせた"カジュアルセットアップ"の着こなしにもおすすめです。







   




 

1934年に繊維機械製造として石川県で創業したカジグループは、
この地の水資源が豊かな自然環境の中で、
機械製造、糸加工、織物、編物、縫製を専門とするグループ各社と共に
テキスタイル開発の技術を培ってきました。

徹底的にこだわった糸の加工技術を持ち、
その技術を活かし長年培った知識と経験で作られる
高い機能性としなやかな手触りのテキスタイルは、
感性を刺激する生地として世界中から高い評価を受けています。

TIMONEは、こうしたカジグループのテキスタイル開発の結晶として生まれた、
合繊を主素材とするMADE IN JAPANのファクトリーブランドです。

「Journey(ある場所から別な場所への片道の旅)」をメインコンセプトに、
合繊の軽くて機能性に富む特徴を最大限に活かした、
快適でいてエレガントなアイテムを提案します。

人生を旅する全ての人に。

TIMONEのコレクション企画は、素材作りから始まります。
合繊長繊維の糸の性質を見極めること。
織り方・編み方でどういった機能の生地になるかを想定すること。
また生地の表面にはどのような表情を与えたいか、検討すること。
そんなプロセスを経て設計が完成したら、
実際の織物に仕立てて試験を繰り返します。

繊維製造技術の進歩は早く、防寒衣類は10年前に比べて軽量化が進み、
重衣料の重さは半分になりました。
他にも汗を吸湿して発熱する糸や、接触冷感の生地、人工スエードなどの環境保全を考えた資材など、
主に合繊の糸を使った生地が、衣料用途だけではなく様々な分野で開発され、
身近な製品に使用されています。
カーボンファイバーや人工血管なども、繊維製品です。
機能性に富む合成繊維は耐えず進化を続けています。

長年に渡り、進化し続ける合繊を研究している私たちは、
近年の目まぐるしく変わる気候や環境に適応する高機能素材の開発と、
その素材を使った製品作りに取り組んでいます。