「虜になる素材=グロスリッチ」
一度袖を通した瞬間に”これイイ”と直感で伝わる素材がグロスリッチ。
過去にパーカー/パンツをリリースしましたが、今回は初のジャケットを製作(別注)

 


18SSデビューながら瞬く間に人気素材となった「グロスリッチ」
人気アイテムならまだしも”人気素材”ってあまり聞きなれない。。。

近年で言えば「シャカシャカ素材」「ハイブリッドヴィンテージ」もその一種。

「普通なアイテムをどうやってカッコよく着るか(魅せるか)」が上手なブランドですが
「素材の扱い方」も非常に優れているのがジュンハシモトの強み。

ただ単に、”高級素材”を使ってハイコストで作るのではなく、
限られた素材の中で最もベストな型(モデル)に落とし込む。

そこがいつも上手いな〜。と思わせてくれるブランドです。

今回使用したグロスリッチ素材もその代表的なひとつ。

パーカー/パンツは以前リリースされていましたが、
この素材にジャケット型があるともっと面白いな〜と思い別注製作致しました。

カジュアルな素材ですが、フロントに航空機のボディなどにも採用される
超々合金ジュラルミン釦を使ってちょっとリッチな雰囲気にしているのもポイントです。
 






 

 

 

 

 

 

 





 

 

久しぶりに穿きたくなる”カーゴパンツ”にアース系のインナーと合わせた春コーデ。
適度に色で遊びながらもジャケットを着ることで”きっちり感”が保てています。



 

 

 

同じジャケットでも、こちらは色数を押さえてシックにまとめました。
キレイめなトラウザー、足元は革靴で締めつつ、インナーはTシャツで崩す。

「きっちりし過ぎず、カジュアル過ぎない」
当店らしい着こなしです。


 

 

思いっきりカジュアルに振ったデニムスタイル。

クラッシュデニムにハイカットスニーカー。
スポーティな印象でも嵌る様はジャケットの懐の深さを感じさせます。

枠に捉われない自由な着こなしも当店ならでは。
 



 

 

敢えてスポーティなパンツと合わせてアズレジャーを意識したスタイル。
足元はVANS。インナーはTシャツ。

近年のホットワード「ビジカジ」「スポカジ」の答え。