「普遍的で洗練された機能美をコンセプトにオーセンティックでクラシックなアイテムを展開」
完全オリジナルとなる世界最先端のジャージー素材を用い、
ミリタリーのテイストを加えたミニマムな機能美を追求する。


デザイナー橋本 淳(jun hashimoto)が、メンズブランドwjkをスタートさせたのは2004年。
「良い物は変わらない」「残る物は本物」というコンセプトから、「不変」をテーマとしたコレクションを発表してきた。

レディースラインのWJKWが生まれたのは、2007年春夏シーズンのこと。
デザイナー市川麻衣子の率いる同ブランドは、翌2008年にwjkから独立。
単独のブランドとして歩み始めるが、2014年から活動を休止していた。

そこに新たな生命を吹き込むのが、デザイナー白木大地と中島 篤。
新会社ハッシュを設立し、WJKWの商標権を取得。
さらに大手毛織物染色整理メーカー、株式会社ソトーのバックアップを得て、ブランドの根底にあった「不変」をテーマに、
時代に合わせて変化しながらも本物の価値を継承するという意味での「普遍」へと進化させた服作りに取り組む。

2017年春夏シーズンにプレデビューコレクションを発表。
続く2017年秋冬コレクションで本格ローンチを予定している。




最先端ジャージー素材を武器に、「普遍的で洗練された機能美」を問う

2014年にブランドを休止していたWJKW。その高い認知と評価を継承しながらも、白木と中島の二人が目指すもの作りは、
これまでのイメージを超える方向で具体性を帯びていった。
日本が世界に誇るもの作りの技術。例えばデニムの品質にかけたは世界一と言われる日本には、より伸縮性に富み、軽く、動きやすく、快適なジャージー素材もあった。
海外のビッグメゾンも指名買いする、この世界トップのジャージー素材を武器に打って出る。
かつてのコンセプトであった「不変」を「普遍」に進化させた服作りを行っていくというのが、新生WJKWのヴィジョン。


彼らの服作りは、デザインよりも先に素材の開発から始まった。
前出の大手毛織物染色整理メーカー、株式会社ソトーの全面サポートを受けて開発したのは、
見た目にはまるで布帛のような、審美眼を持つ大人が着るにふさわしい、表情豊かな新世代のジャージー素材であった。
「僕らの目指すクラシック、ミリタリー路線の服は、従来ゴワゴワして硬いものが普通でした。
でも、ジャージー素材を使えば、本当に着心地のいい服が作れる。それが分かって、心底ワクワクしましたね」と白木は目を輝かせる。

新生WJKWは、デザイナーである彼らと同様、「普段着にラグジュアリーブランドのニットやスウェット、ジャージ素材を使ったカジュアルアイテムを着てきた
30代〜40代の大人。それにもちょっと飽きて、時にはきちっとした服を着たいと感じている人」をターゲットとする。
そんな人たちが選ぶ、「カチッとして見えて、かつ着心地のいい服」を追求するにあたって、白木と中島の二人はジャージー素材の可能性をさらに広げてくれる新技術に出会う。

もともとは、医療用に開発された「ダブルシーム」と呼ばれる縫製法で、
特殊なミシンを使うことで、生地と生地の突き合せに縫い代のないフラットかつノーテンションな縫製を可能とするものだ。
「普通、縫製部分には厚みやアタリが出てしまうところが、このダブルシームではまるで一枚の布に包まれているような、本当に第二の皮膚といったような感覚の服が作れるんです。
カットソーのような肌に直接触れるアイテムで、そのすごさを文字通り体感してもらえるほか、コートのような重衣料ではダブルシームならではの軽さに驚くはずです」と中島。
ジャージー素材の可能性は未知数で、ほかにも見た目はメルトンやツイルのような仕上がりだったりと、その表情やテクスチャーはまさい変幻自在。
機能的にも、「編み目を詰めることで伸縮力も強くなる。肘や膝の当たりが出にくく、動きやすい」といったメリットもある。

二人の拘りはまた、ディティールにいても抜かりがない。インスピレーションの源になっているのは、
過酷な戦場でその機能を実証しながらも、絶え間なく進化を遂げてきたミリタリーウェア。
あらゆるディティールはそこからさらに磨かれ、リディエットした形で採用される。













2017SS LOOK
最先端ジャージー素材を使用したアイテムの数々。ほんとうに布帛に見えて着心地はジャージーだから面白い。



世間が持つwjk、WJKWのイメージを覆したプレコレクション。
「FULL RE-BRANDING」とはまさにこのことでした。

ブランド認知や評価は受け継がれましたが、デザインは刷新。
若い時にwjkやWJKWの洋服を通ってこなかった人間からすると(その当時はモード服にどっぷりでした。。)
単純に「いまの時代。いや、これからの時代に合った服」を作っているなと感じました。

毎度のことながら、1枚の案内状がきっかけでお伺いすることになった17春夏の展示会。
イタリアンカジュアル、アメカジ、アーバンスポーツが得意な当店にとって、未知の領域でもある
「クリーンでオーセンティックな服」


ジャンルだけで分けてしまえば、当店ではやや異彩を放ってしまう可能性があるブランドですが、
素材開発、着心地の追求などモノづくりの姿勢は確かで、
今後の当店の発展、方向性を含めて非常に期待できると確信しています。

また、デザイナー「白木 大地氏」とは昔「ボイスノンヴァーニ」でお世話になったこともあり、
そういった”ご縁”も大切にしてきたいと思い、
この新生WJKWのデビューシーズンからお付き合いを始めようと決意致しました。



 2017年春夏シーズンのプレデビューコレクションでは、そうした彼らのこだわりの詰まった服を、メンズ/レディース合わせて約50型を新作として発表。
「それを受けて、2018年にはショーもやりますし、直営店もオープンさせます」

国内での地固めを経て、2020年には海外へも進出予定。

新生WJKWの展開に、どうぞご期待下さい。